生体センサタイトルイメージ


事業紹介


製品販売

--------- 生体センサー〔製品名:ABS1〕 ----------

生体センサー外見  小型で無線通信機能を持つマルチセンサーです。リアルタイムで計測結果を無線送信する機能、計測結果を内蔵メモリに記録する機能を有します。電源は2次電池を採用し、長時間の連続稼動が可能な低消費電力が特徴です。
 健康補助機器として、あるいは、研究用機器としてのご利用が可能です。
 → パンフレットはこちら



システム運用受託

---------- 遠隔見守りシステム ----------


システム構成画像

システム概念図

 当社が開発した生体センサー(ABS1)により、各種生体データ(心電位、加速度、温湿度、気圧)をセンシング、その情報をBluetoothを通じて携帯電話やスマートフォン等の端末機器へ送信し、携帯電話回線等を通じて、遠隔地においてその生体データをモニタリングするシステムです。

動作確認済み端末機器

Windows(XP/Vista/7(32bit)) PC
Android2.1 スマートフォン(一部の機種)
NTT docomo製携帯電話(一部の機種)


---------- 屋内測位システム ----------

専用ソフトウェア実行画面

PCでの実行画面例

 GPS信号を受信できない屋内において、測位精度1~数mで位置計測を可能にするシステムです。建物側に無線通信デバイスを取り付け、位置測位を行う対象(人やモノ)に受信用アンテナを設置し計測するシステムです。実現場で発生する信号の欠落やノイズに対しても影響を受けにくい特徴を持つ信頼性の高いシステムです。